【待望の復刻版】ステッドラー ボールペン 425 25F-9 口コミ

おすすめアイテム
スポンサーリンク
mugico
mugico

みなさんは、お気に入りのボールペンはありますか?

日本には、お手頃な価格で書きやすいボールペンが、多数ありますよね!

ですが、今日ご紹介するのは、ドイツの老舗文具メーカー【ステッドラー】のボールペンです。

ヨーロッパの文具メーカーというだけで、なんだかオシャレな予感がしますよね。

日本のメーカーのものとは、また一味違う魅力を持ったボールペンを、写真多めでご紹介します。

  • この記事はこんな人におすすめ
  • 文具好きの人
  • 製図用シャーペンのデザインが好きな人
  • ちょっとこだわりのボールペンを持ちたい人
  • 新生活に新しいボールペンを探している人
  • プレゼントを探している人
スポンサーリンク

ステッドラー425 25F-9の魅力

ステッドラーボールペン①

ステッドラー日本公式サイト

2004年に発売し、その後生産を終了した『ステッドラー925 25F-9』というボールペンがありました。

当時の面影を残しつつ、17年越しに待望の復刻版として発売されたのが、『ステッドラー425 25F-9』なんです!!

ステッドラーボールペン②

シルバーシリーズ製図用シャーペンを元に、ボールペンに最適化されたモデルです。

ステッドラーボールペンのグリップ

グリップはローレットパターン。

痛そうに見えるかもしれませんが、個人的には持ちやすいと感じました。

ステッドラーボールペンのペン先

手に持った感覚としては、適度な重厚感(重さ16.8g)で、カッチリとしています。

このカッチリ感はペン先にも表れており、ノック式にありがちな「ペン先のブレ」や「ガタ」を感じにくく、書くことに集中できます。

ステッドラーボールペン③

上の写真の部分は、製図用シャーペンでは「硬度表示リング」なのですが、425 25F-9ではマットな質感で、落ち着いた印象のデザインになっています。

ステッドラーボールペン④

クリップもマットな質感!

ステッドラーボールペン⑤

クリップやプッシュキャップには、ステッドラーの現在のトレードマークである、マルスヘッドがあしらわれています。

随所に細かいこだわりが見られて、素敵です。

替芯は?線の太さは?

ステッドラーボールペン④

替芯は、458-F9で、線の太さは0.8mmです。

筆記距離は、なんと約10,000m(10km)なんです!

mugicoが愛用している、ジェットストリームの0.7mmの筆記距離が約700mなので、比較してみるとかなり長いです。

海外メーカーらしい、こってりな油性ボールペンで、書き始めも滑らかです。

ステッドラーボールペン⑦

分解してみました(笑)

信頼の日本製

ステッドラーボールペン⑧

ステッドラーはドイツの文具メーカーではありますが、今回の復刻ボールペン425 25F-9は、日本製なんです!

軸材はアルミで丈夫にできており、安心して長く使えそうです。

まとめ

製図用シャーペンがお好きな方には、とっても魅力的なデザインのボールペンですよね!

市販の100円から200円の価格帯のボールペンも、書きやすくて好きなのですが、ステッドラー425 25F-9は、しっかりとした書きごたえのあるボールペンだと感じました。

丈夫なボールペンなので、なくさない限りは、一生の相棒として連れそうことが可能です。

mugi夫
mugi夫

「なくさない」のハードルの高さ・・・

ご自分の日常使いや、特別な1本としてギフトにしても喜ばれるのではないかな、と思います。

mugico
mugico

文具好きのmugicoとしては、もらったら嬉しいです!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場



参考にして頂けると嬉しいです(^^)

こちらの記事もおすすめです!

【rOtring】ロットリング600ボールペンを実際に購入レビュー


【レビュー】ステッドラー製図用シャーペンオールブラック0.3mmを購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました